子育て中の方におすすめの世田谷区出張マッサージ
子育て経験のある方や子育て中の方にはわかると思いますが、子供を連れての移動は本当に大変です。近所へのちょっとしたお出かけでも、最低限必要な荷物や準備が複数あり、自宅を出たあともやるべきことが次々と降って湧いてくる。そのため、お出かけと考えただけでも憂鬱になり、お出かけすること自体を躊躇してしまう方も少なくないのでは?その一方で、出産後からの蓄積した疲労や睡眠不足により、身体が悲鳴をあげている方も多いはず。そんな子育て世代の方にこそおすすめしたいのが、世田谷区出張マッサージです。出張マッサージは、セラピストさんの方から自宅など指定した場所に赴いてくれるサービスなので、移動する必要がないのが最大のポイント。お出かけのための準備も不要で、移動時間を確保する必要もなく、予約した時間に自宅で出迎えるだけと楽ちんです。必要なものはセラピストさんが用意してくれるため、やるべきことは施術を受けるスペースを確保することだけ。自宅で家族に子供を見てもらっている間にサクッと施術を受けることができるため、子育て世代にこそ便利なサービスとも言えます。店舗型マッサージ店に比べると少し料金は高くなってしまうものの、お手軽料金で施術が受けられる60分程度のコースを設けているお店も多いため、まずは近隣の店舗を調べてみてはいかがでしょうか?身体の疲れや凝りが取れると、心に余裕も生まれ、優しくすることができますよ。
施術を受けるスペースを確保する

円谷プロの作品は昔の世田谷区が満載

怪奇大作戦やウルトラQ、その後のウルトラマンシリーズには当時の世田谷区小田急線沿いが数多く映像として記録されています。その理由は円谷プロの初代が世田谷区砧7丁目にあり、製作予算の都合でロケは近所で行うことが多かったからとのこと。特に小田急線の祖師ヶ谷大蔵を中心とした経堂から成城学園付近は作品中にたびたび登場します。中でも砧公園や世田谷区立総合運動場体育館付近はロケ地の常連だったようで、ウルトラセブンもペガッサ星人と闘っていました。【第6話:ダーク・ゾーン】
昔の円谷作品を観ながら50年以上前の世田谷区と現在の世田谷区を見比べてみるのも面白いかもしれません。現在は円谷プロの跡地もマンションになってしまいましたが、祖師谷大蔵の商店街は『ウルトラマン商店街』として今も円谷プロの軌跡を色濃く残しています。ちなみに駅前広場のウルトラマン像は毎時間のジャストに目が光ります。個人的にはカラータイマーも光らせて欲しかったですが・・・。

トップに戻る