メインイメージ

三条祭り若衆会公式サイトです

御礼

 時下ますますご清祥のこと、お慶び申し上げます。
 昨年は、皆様のご協力の下、素晴らしい三条祭り、大名行列を運行することができました。改めて感謝申し上げます。
本年の三条祭り大名行列は、5月15日(日)に開催致します。東日本大震災以降、5年ぶりの日曜開催となります。今年の祭りも、行列に参加している皆様、三条祭りを観に来ている皆様、そして地域の皆様にとって誇りに思えるような祭りにするため、若衆会役員一同当日に向けて準備をしてまいりますので、大勢の皆様が三条祭りに来ていただけることを心よりお待ちしております。

                                                         平成二十八年一月                                                                三条祭り若衆会 第三十四代会長 矢島直樹

神輿

三条祭りは毎年5月15日に三条市八幡宮の春季例大祭として開催され、神輿渡御に伴う10万石格式の大名行列です。この行列は文政5年(1822年)より代々受け継がれ、現在は三条市の文化財指定を受けております。また、行列が境内にもどって来た時に行われる「舞い込み」は、参加した子が無病息災に育つといわれ、毎年多数の参加を頂いております。
(舞い込み:親が幼い子を肩車して、天狗様や神輿や太鼓と一緒に境内を周り、お宮に入る行為)

我々若衆会は三条祭りにおける大名行列を挙行するための人員確保、当日の行列組立、運行管理を行っている団体であります。

大名行列案内

担ぎ手募集

大名行列に参加して頂ける成人男性を募集しております。「さんじょもん」はもちろん、三条市外の方でも大歓迎です。
5月15日に三条の伝統を担ぎたい、守りたい方、自身の無病息災を願いたい方、お祭りが大好きな方、神輿を担いでみませんか?
申し込み・問い合わせは「お問い合わせフォーム」より氏名・連絡先を記載の上、ご送信ください。

担ぎ手募集

舞い込みの注意事項

舞い込み

舞い込みに参加される場合、白足袋を着用してください。靴は他の舞い込み参加者の怪我の原因になります。また、はだしはご自身の怪我や事故の原因になります。白足袋着用でお願い致します。
また、おんぶや抱っこにての参加はできません。おんぶや抱っこは、周りの参加者に子供が押しつぶされる危険があります。首のすわっていないお子さんも危険ですのでご遠慮ください。必ず肩車にて事故が起こらないよう係りの指示に従いご参加ください。
最後に拝殿に入る際には、お子さんが拝殿の梁(はり)にぶつからないように頭上に注意して拝殿に入ってください。肩車をするとお子さんの頭の位置が想像以上に高くなっていることがあります。
尚、白足袋は当日境内入口付近の若衆会テントにて販売もいたしております。ご利用ください。

【15日14〜16時まで無料でお子様の祭化粧を若衆会テント前にて行います】

三条祭り若衆会(第34代会長:矢島直樹)
〒955-8603 新潟県三条市須頃1-20 三条商工会議所内 三条祭り若衆会事務局
TEL.0256-32-1311 FAX.0256-32-1310
Mail:oda@sanjo-cci.or.jp
事務局担当:織田拓磨(三条商工会議所)

Copyright © 2014 Sanjo Matsuri Wakasyukai All Rights Reserved.